サービス案内
医業経営コンサルティング

医業経営事業

医業経営のパートナーとして先生の質問や悩みご要望にしっかりとお応えし、
税務や会計を通じてより良い医療が提供できる体制づくりをサポートいたします。

各種申請サポート

開業
医療法人設立

  • 資金調達計画(事業計画の策定など)
  • 開業、法人設立時の手続きの代行
  • 開業、法人設立後のシミュレーション

医院の運営支援
経営診断
経営改善

  • 財務体質の強化、節税対策
  • 中長期計画策定など

事業承継

  • 医療法人の相続対策
  • 持分なし医療法人

開業・医療法人設立

  • 事業の開始、または法人設立をする際の資金調達計画策定のサポートをさせていただきます。また資金調達の際に有用なだけではなく、今後の羅針盤ともいえる事業計画を作るのもこのタイミングです。先生の診療方針に沿った事業計画の策定もサポートさせていただきます。
  • 新規の開業の場合、支出(費用)の見込みは立ちますが、収益は患者数や診療単価など診療を始めてみなければ分からない要素があります。そこで収益予測を作りシミュレーションを行うことによって事前にリスクや目標患者数などを具体的に把握していただきますのでより現実的なビジョンの中で事業を開始できます。
  • 法人成り(個人クリニック→医療法人)の場合、法人成りのメリット、デメリットを理解していただき現在の運営状況を参考にしながら法人成りした際のシミュレーションを行います。
    それまで先生が運営されてきた形を大事にしながら、「より効率的な運営」「税負担の軽減」など、より良い形での法人成りをサポートさせていただきます。

医院の運営支援、経営診断・改善

  • 財務の面から現状を把握し、今ある問題点の抽出を行います。また病院経営でネックになりやすい固定費(人件費や設備投資など)の見直し等より強い財務体質になるよう提案させていただきます。
  • 中長期計画の策定はどんな時でも有用です。事業が下向きの時には立て直しの策が、上向きの時には成長戦略が、安定させたいときはコントロールする術が、計画をたてることにより具体的に見えてくるのです。『MAS監査チーム』と協力体制をとりながら先生の目標を数字に落とし込み、定期的な監査を通じてその実現をお手伝いさせていただきます。

事業承継

  • 医療法人(先生個人)の相続対策として持分なし医療法人への移行を提案させていただいております。持分なし医療法人とは出資者の持分がない法人のことをいいます。
    例えば、設立当初3人(Aさん、Bさん、Cさん)で500万円ずつの出資をして、純資産額(=出資者持分)1500万円の医療法人を設立し、現在は純資産額1億5000万円になっていると仮定してください。純資産は運営してきた利益の積み重ねですので、運営が長くなればなるほど大きくなっていきます。
  • A、B、Cの三人は出資持分の割合に相当する純資産額の請求権があるのでそれぞれ5000万円ずつ法人に請求することができます。Aさんが亡くなり相続が発生した時には、この5000万円を請求する権利は相続財産(相続税計算の基準)となり、相続した方に多額の相続税が発生してしまいます。では、この権利をAさんが生前に放棄していた場合はどうなるでしょう。
    もしAさんが放棄した場合、本来Aさんのものである5000万円を請求しなかった(あげた)として医療法人側に贈与税が発生してしまいます。
    持分なし医療法人への移行とは、期間限定かつ条件はありますが、この持分を放棄した場合の贈与税を課さないという制度を利用した方法です。医療法人をこれからご子息に承継される方には大きな効果が見込めます。持分なし医療法人への移行についてご質問等がありましたら、ぜひご連絡ください。

医業経営支援室
(公社)日本医業経営コンサルタント協会認定のコンサルタントが医業経営をサポートします。

初回無料完全予約制

無料相談実施中(初回60分)

  • 相続が発生したけど、何から手を付けたらいいの?
  • 融資や銀行借り換えについて相談したい
  • 税金を無駄に払いすぎていないか不安があるetc

税務・会計・経営でお悩みなら無料相談をご利用ください。 お申込みはこちら

お電話による無料相談の
お問い合わせ・お申込み

ご相談はこちらまでお気軽にご連絡下さい。

0120-390-173

【営業時間】平日 9:00~17:00

お問い合わせ はこちら ページトップへ